到達点とパクリ疑惑

 みるみる経験値を上げた事により、とうとう彼岸を達成する時が来ました。
 つまるところのネタバラシとしては、最初に誕生日プレゼントとしてanovaさんを頂いたときから、ここへ至ることは約束されていたわけなんですけれども、勝利をつかめるかどうかに至っては、残念ながらいまだ霊器再臨ならずといったところで、運も確率も全く関係のない設定された乱数テーブルを超えるだけの課金が必要になります。心がやられる前に、無心で課金できるスキルを身につけなければ次にやられるのは社会的立場でありましょう。
 グラブルはちょっとまえに天井叩いてきました。

 なので、カツ丼です。パクリです。原作を知りたいひとは勝手にgoogleにでも聞いてください。



 帰宅して、まだやっているスーパーに駆け込んで手に入れた豚肉ブロック。肩ロースがうまいこと2つ残っていてくれたので、これはかなり運命を感じます。



 温めた肉を、東の方に運搬する必要があるので前々日の夜にはもうドボンっていう流れ。

 豚肉はやはりそれなりに怖いので、3時間ぐらいは64.5度。
 可能であれば63度という法律上の限界ギリギリを攻めておきたいところですが、anovaさんの温度表示がどうもネットで調べるといくらかブレが存在しているようで、ちゃんとした温度計買うまではギリを攻めるわけにも行かず致し方なし。
 アクチンの変性開始温度である65.5度と法律上の芯温63度30分の間を取る感じで。数字も時間も適当なので、信じないでください。
 そして3時間もすりゃ芯温63度30分ぐらい余裕やろという適当さで、殺菌終われば後はコラーゲンの変性がわずかながらにでも始まる56度超える時間で長時間温めるって算段。これも適当なので信じないでください。



 というわけで、ブロックを



 こうして



 はい。



 これ煮込んだら確実に衣剥がれるし、駄目に低温調理下意味なくね? 的な判断により



 ぶっかけ対応。



 途中まで丁寧だった作業が、食い始めたとたん雑になる。大体このあたりで酒と肉で脳みそ溶けてます。



 とはいえ、正直食い方なんて結局こんな感じに落ち着くわけで。

 すげー見た目なのに、すげーくいかたできないことを除けば、とりあえず勝利におわってよかったということで、どうか。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL